×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK TO TOP
CD REVIEW
語彙に乏しいロック野郎がレヴューに挑戦します。


ASIAN KUNG-FU GENERATION / 君繋ファイブエム


1.フラッシュバック ★★★★★
2分弱の駆け抜け疾走ナンバー。
アジカンの中でも(良い意味で)普通にロックしている曲。
ギターリフが曲を引っ張っていき、かなり勢いがあります。
サビでの爆発具合も爽快。
間奏のチョーキングはカッコよすぎて恥ずかしいです(笑)
AメロBメロの歌詞は特に意味はなさそう。
でも、サビの歌詞は僕は好きです。
若かりし中学生の当時、これを聴きながら憂鬱な日々を吹き飛ばそうとしてたな〜

2.未来の破片 ★★★★★
こちらもストレートな名曲。
ディストーションのかかったギターが鳴っていて
これぞギターロック!って感じです。
この曲はメロディーがやけにキャッチーでエモいっすね。

3.電波塔 ★★★★★
イントロの歪んだギターの裏で鳴るミュート奏法が気持ちいい疾走系の曲。
単純なパワーコード全開の曲かと思いきや、間奏で
クリーンギターになる展開がジャズっぽくて好きです。

4.アンダースタンド ★★★
こちらも超ポップな曲。
メロディーはキャッチーで歌詞も元気をくれる前向きソングです。
演奏は、これぞパワーポップと言わんばかりのシンプルさ。
WEEZERの子供たちといわれてる所以はこの辺かなーと個人的に思います。
とてもいい曲なんだけど、多少ストレートすぎるなーという印象。

5.夏の日、残像 ★★★★★
クリーンなアルペジオと轟音が入り混じった緊張感のあるナンバー。
これまでの「元気だぜ!」的な流れからうってかわり、
ナーバスで焦燥とした感情が露わになってきます。
この曲からはeastern youthらへんの影響を感じます。(特に歌詞)
アウトロの轟音良いですね〜。

6.無限グライダー ★★★★★
これ!これですよ!大名曲です。
静かなアルペジオとハーモニクスに、ドコドコドコドコとタムが入ってくるイントロ。
そして歪んだギターが鳴り響くサビ、そして「無限」か「有限」かを
自問自答する大サビへ突入していく。
オクターブ奏法のギターが絡む間奏も決まっています。
おそらく当時のアジカンの楽曲中で一番技巧的なアレンジではないでしょうか?
すべての楽器が最高にうまく絡み合ってます。
ストレイテナーのホリエアツシはこの曲でアジカンを良いと思ったらしいです。
この曲を聴いてると何だかどこかに飛んで行ってしまいそうです。

7.その訳を ★★★
無難なロックナンバー。
名曲に囲まれてしまったせいで印象が薄いです(汗)

8.N.G.S ★★★★
NUMBER GIRL SYNDROMEなノリノリナンバー。
これは、ナンバーガールですね(笑)
でも「殺伐」度は薄めで、「もうどうでもいいや!」って開き直ってる感じがします。
アレンジが異質すぎてアルバムの流れではすごく浮いてます(笑)
でもライヴで聴けば間違いなく盛り上がれる鉄板曲です。

9.自閉探索 ★★★★
カッティングからはじまる硬派なロックナンバー。
ベースラインに存在感があって渋いですな。
「声枯れないかな?」と心配になるサビのシャウトが聴きどころです。

10.E ★★★★
インディーズ時代から存在するEスタジオから生まれた曲。
タイトル適当だろ!と突っ込みたくなりますが、すごくいい曲です。
下北系(?)ぽいというか、ちょっとメロコアぽい。
もがきながらも一歩踏み出そうとする歌詞がいいですね。
oasisのlive foreverから拝借したギターソロがオリジナルかと疑うほどしっくりきてます。

11.君という花 ★★★★★
来た!アジカンの一番のダンスナンバー!
この曲はリズム隊ががものすごく良いですね。
とにかくノレるリズムを作っています。
それに乗っかるメロディーも本当気持ちいいぐらいにキャッチーで、
J popチャートで上位にきて全くおかしくない完成度の高さがあります。
この曲なければアジカンのブレイクなかったんじゃないかと思います。
6分と長めの曲ですが、全く長さを感じさせません。
むしろもっと聴いていたいぐらいです(笑)

12.ノーネーム ★★★★★
ミュートギターからはじまる冬を意識した歌。
もしかしたらアジカン一冬っぽいかもしれません。
静寂と爆発を際立たせた展開が素敵です。

BACK TO TOP